カヤックが危険な理由7 つの危険とその回避方法 – 2022 年ガイド

カヤックは人気のウォーター スポーツで、友人や家族と共有することがよくあります。 カヤックは比較的危険なアクティビティのように思えるかもしれませんが、水に出る前に安全プロトコルを用意することが重要です。

カヤックの危険性は何ですか?

今日利用できるカヤックには非常に多くの種類があるため、カヤックをする人が知っておくべき潜在的な危険がいくつかあります。 ただし、適切に準備し、常識を働かせる限り、これらの危険は簡単に回避できます。 注意すべき点は次のとおりです。

1. 道に迷う

外洋に行くなら、驚くほど美しい体験になるでしょう。 しかし、海岸線を失い、自分がどこに向かっているのかという感覚を失うと、これは非常に危険です。 多くの場合、どれくらい長くパドリングしているのかさえわからず、どこに行けばいいのかわからなくなってしまうことが問題です。 これは大きな水域でも同じです。 乗船した場所から離れすぎると、非常に危険な場合があります。

2.稲妻

竜巻が発生しているときに海に出るのは危険な場合があるのと同じように、雷雨のときにカヤックをするのも危険です。 頭上に雲ができているのを見かけたら、ためらわずにできるだけ早く陸に戻りましょう。

3.浅瀬

カヤッカーがボートをひっくり返すもう XNUMX つの一般的な理由は、浅瀬を航行しようとしていたためです。 カヤックに行く場所を選ぶときは、旅行全体を通して水深が XNUMX フィート以上ある場所だけを選んでください。 そうすれば、物事が不安定になったり途切れたりしても、安全を確保できる可能性は高くなります。

4。 風

竜巻と同じように、風が強いときに海にいるのは非常に危険です。 もしあなたが〜なら 川や湖でのカヤック、風が波を巻き上げて怪我をするリスクを避けるために、穏やかで静かな日に行ってみてください。

5.他艇との衝突

浅い水域を避けることに加えて、大型ボートやモーターが取り付けられた他の船にも近づかないことを忘れないでください. これらのタイプの船は簡単に操縦できず、海の嵐よりもさらに大きな脅威をもたらします。

6.低体温症

ライフ ジャケットを着用している場合でも、ライフ ジャケットを着用できるほど岸に近づかない限り、水に落ちないようにしてください。 うっかり落ちてしまうと、その立ち往生した気持ちが 低体温 あなたが注意していない場合。

7. 日焼け

カヤックが転倒する一般的な理由は、長時間水上にいる間に居眠りをしたためです。 これは通常、晴れた日に非常に暑くなり、湖や川での位置が変わったことに気付かずに昼寝をするときに発生します。 ご使用の際は必ず日焼け止め、サングラス、帽子を着用してください あなたのカヤック 今年の暑い日に!

カヤックをするときに知っておくべき重要なことは何ですか?

– まず、身に着けている ライフ ジャケットは最も重要な安全の XNUMX つです。 注意事項があります。 ライフ ジャケットは、単独で着用する場合でも、個人用の浮き輪の下に着用する場合でも、誤って水に落ちた場合に命を救うことができます。

– 水上での安全性は、パーティーの人数とカヤックの種類によって決まることに注意してください。 一緒に湖や川に出かける友人グループがいる場合は、共有するのではなく、全員が自分専用のカヤックを持っていることを確認してください。 自分のカヤックを持っていれば、XNUMX 人がひっくり返っても、グループの他のメンバーがつかまる別のボートが近くにあるはずです。

– パーティーのメンバー全員が基本的な応急処置と CPR を知っていることを確認してください。

– カヤックをする場所を計画するときは、水上交通の多い場所から離れた場所を選ぶようにしてください。 近くのボートがあなたに気づかず、誤ってカヤックと衝突すると、重大な危険をもたらす可能性があります。

– 海に出る前に必ず天気予報を確認してください – 強風、雷、または嵐のときに旅行して怪我や死亡の危険を冒しても意味がありません。 夕方には晴れそうに見えても、悪天候で不意を突かれる可能性があるときは、常に警戒を怠らず、外出を控えてください。

カヌーをするときの注意点は?

– 何よりもまず、ライフを身に着けることは、カヌー中の安全を確保するための鍵です. 浮力を保つのに役立つだけでなく、カヌーが転覆した場合の危険な落下やその他の怪我から身を守ることができます。

– 経験豊富なスイマーがあなたのパーティーにいることも非常に重要です. 他の全員が船外に出た場合、この人物は、グループの他のメンバーが溺れたり、水にぶつかって怪我をしたりすることなく、安全に岸に戻るのを助けることができます.

– カヌーが転倒する一般的な原因となるため、浅瀬、モーター付きのボート、流れの激しい川には近づかないように注意してください。

天気の良い日に湖や川でカヤックをするのがいかに楽しいかは誰もが知っています。 少しの準備と常識で、事故を心配することなく水上で素晴らしい時間を過ごすことができます。 結局のところ、それはリラックスするはずです!

繰り返しますが、知っておくべき最も重要なことのいくつかを次に示します。

– 悪天候時、特に嵐のときは外出を控えてください。 海の嵐は、浮揚装置だけで水域の真ん中に立ち往生するため、特に危険です

– ライフジャケットは必ず着用してください。 個人用浮揚装置の下に着用する場合でも、腰に巻く場合でも、何かを身につけて浮力を維持することは、多くの状況 (転倒など) で生き残るための鍵となります。

– 確認してください 基本を知っている そしてあなたの船を制御する方法。 経験豊富なカヤッカーでさえ穏やかな海で命を落としているので、あなたにとってあまりにも進んだ水域に足を踏み入れないでください。常に危険に注意してください. XNUMXつの間違いで十分です。