カヤック – 安全なカヤックの冒険

近々カヤックの冒険に出かける予定がある場合は、その前に知っておくべき重要な情報があります。 最も重要なことは、旅行中ずっと快適で安全に過ごすために適切な服装をする方法です.

カヤックは、いつでも、何を着ていても、いつでもできる楽しいアクティビティではありません。 水上に出る前に、天候や適切な服装など、さまざまな要因を考慮する必要があります。

移動中の汎用性、耐久性、快適性を確保することは非常に重要です。 そのため、カヤックを着るのに役立つ優れたアイデアを提供します。 おげんきで いつでも快適に。 天候が暑くても寒くても、次の大きなカヤックの冒険にプロのように取り組む準備ができています! すぐに飛び込みましょう。

寒い天候でのカヤック – 何を着るか

寒冷地でのカヤック

 

まず、何をすべきかについてのガイドから始めましょう 寒い季節にカヤックをするときに着用する. 寒い季節にカヤックをするときの服装を正確に知ることは非常に重要です。なぜなら、水に落ちる危険性が常にあるからです。 水が非常に冷たく、ビキニや T シャツを着たまま凍りつくのは避けたいものです。 そのため、寒冷地でカヤックをする際は、次の衣類を着用することをお勧めします。

1.レイヤー

レイヤリングは、あらゆる気象条件でのカヤックに最適です。 暑すぎる場合は、衣服を脱いで快適に過ごすことができます。 逆に寒い時は重ね着があれば冷える心配もありません。

水着であるベースレイヤーから始めるべきです。 下着の代わりに水着を着ている場合は、プライベート エリアを探す必要がなく、後で他の衣類を脱ぐのがはるかに簡単になります。 次に、中間層については、適切なウェットスーツを選択する必要があります.

ウェットスーツがカヤックに最適な理由は XNUMX つだけではありませんが、防水性があるという事実は、この旅の間、特に最終的に水に入った場合に大いに役立ちます。 最後のレイヤーについては、必ずしも必要ではありません。 ただし、風が強く外が寒い場合は、防風ジャケットやベストを用意することを検討してください。

2.ドライスーツ

すでにウェットスーツを持っているのに、なぜドライスーツが必要なのか疑問に思われるかもしれません. 問題は、これら XNUMX つは完全に同じではないということです。そのため、決定を下す必要があります。 両方を着用する必要はありませんが、これら XNUMX つのうちどちらがニーズに適しているかを選択してください。 ドライスーツは、通常は撥水性がありますが完全防水ではないウェットスーツとは異なり、常に乾いた状態を保つように設計されています。

氷のように冷たい水に落ちる可能性があり、生命を脅かす可能性がある非常に寒い状況でカヤックをすることを計画している場合は、ドライスーツを着用する方が安全なオプションです. これらのスーツは、他の複数の衣服と合わせて着用することもできます.

3.靴

黒い靴

 

カヤックをするときにどの靴を履くべきかというと、答えは防水です。 まず、吸湿発散性のある靴下を用意する必要があります。 これらの靴下は、非常に速く乾き、足を新鮮で乾いた状態に長く保つのに役立つため、優れています. 次に、疎水性の履物を入手することをお勧めします。 これは、足を常に乾いた状態に保ち、氷水から安全に保つための優れた追加機能です。

4. スプラッシュスカート

寒い季節にカヤックをする前に最後に確認しなければならないのは、スプラッシュ/スプレー スカートです。 これが何であるかに慣れていない場合でも、心配しないでください。 それが何であり、どのように機能するかを正確に説明するためにここにいます.

スプラッシュ スカートは実際に着用するスカートではなく、カヤックのコックピットに取り付けるカバーです。 雨や水しぶきだけでなく、室内の暖かさを保つのにも役立ちます。 寒い季節にカヤックに行く予定があるときはいつでも、それらをオンラインで見つけて注文することができます. さまざまなシチュエーションや状況でとても重宝するので、XNUMX本持っておくと間違いありません。

暑い時期のカヤック ― 服装について

カヤック乗り

寒い季節にカヤックをするときに何を着るかがわかったので、今度は夏にカヤックをするときに何を着るかを学びましょう。 凍えるような寒さから身を守ることを心配する必要はないため、衣服は異なりますが、太陽やその他の要因から身を守る必要があります. 以下のリストをチェックして、暑い季節にカヤックをする際に何を着るべきかを確認してください。

1.UPFトップ

夏にカヤックをする場合に考慮すべき最も重要な要素は、太陽とその光線がどれほど有害かということです。 そのため、外海に出られる可能性があるため、できるだけ保護されていることを確認する必要があります。 UPF 衣類は、屋外が非常に暑くて晴れているときに安全を確保するための最良の方法の XNUMX つです。

カヤック中は暑すぎたくないので、ジャケットなどの厚手の服を着ることは禁物です。 ただし、UPF トップを見つけることは完璧なオプションです。 これらのトップスはUPF定格の日焼け止めを誇っていますが、それだけではありません.

速乾性の生地と冷却技術で作られたものを見つけることができ、カヤックで過ごす時間を本当に楽しくします. あなたは見栄えがよく、快適に感じることができます。これは、特別な人とカヤックデートをする予定がある場合に大きなプラスになります.

2.ショーツ

ボトムスは速乾性のあるショーツがおすすめです。 暑くなったら服を脱ぐことができるので、暑い時期のカヤックでは重ね着もおすすめです。 ですので、ビキニやUPFのトップス、速乾性のあるショーツを着用すると良いでしょう。 泳ぎたいときは服を脱いで、ボートに戻ったら着替えます。

また、履く靴も考慮する必要があります。 ただし、ここでは通常の靴を履くことはお勧めしません。 水の中を非常に快適に移動できるだけでなく、鋭い岩やその他の物体、滑りやすい表面から足を保護するウォーター シューズを購入する必要があります。

3.PFD

PFDギア

最も カヤックで大切なこと どんな天候でも安全です。 残念ながら、カヤック中に溺死したという話を聞くことは珍しくありません。 そのため、個人用浮揚装置 (PDF) を着用する必要があります。 これは、誤って水に落ちたり、他の突然の悪いシナリオに遭遇した場合に、浮いた状態を保つのに役立ちますが、それだけではありません.

また、特に友人や家族とカヤックを計画している場合は、心に留めておくことができます。 悪いことが起こることを心配することなく楽しい時間を過ごせるように、すべてに独自の PFD があることを確認してください。

4。 ライン

太陽とその紫外線がどれほど有害であるかについてはすでに述べました。 そのため、帽子をかぶってさらに保護されていることを確認する必要があります. カヤック用に特別に作られた帽子である必要はありません。

不意に飛び散らないように、ぴったりはまっていることを確認してください。 日射病の危険を冒したり、めまいや疲労のためにエキサイティングな冒険を短くしたりしたくない場合は、頭を熱から保護することが重要です.

5 サングラス

あなたの服装の残りの部分に合う素敵な偏光サングラスを見つける必要があります. それらは太陽から目を保護し、よりよく見えるようにしますが、それだけではありません。 水からのまぶしさは目がくらむことがよくあります。サングラスを着用すると、この問題に対処できます。 ただし、水に沈んだり海で迷子になったりしないように、ストラップをしっかりと留めておく必要があります。

6.日焼け止めクリーム

最後に、次のことを覚えておく必要があります。 日焼け止め 高熱時にカヤックに行くときはクリームを塗ってください。 SPF は覚えておくべき非常に重要なことであり、軽視すべきではありません。 前述したように、紫外線はカヤックに限らず、夏の外出時に非常に有害です。 しかし、カヤックをしているときに太陽の下で過ごす時間を考えると、日焼け止めクリームを塗ることは非常に重要です.

日焼けは痛みが強く、治るまでに時間がかかることがありますので、十分に注意してください。 SPFが高く、できればSPF 50のクリームまたはローションを手に入れてください。そうすれば、常に塗り直す必要がなくなり、カヤックで長時間過ごすことができ、クリームを塗ることを心配する必要がなくなります.

覚えておくべき重要なカヤックのヒント

カヤック

カヤックをするときに何を着るかを知ることは、方程式の一部にすぎません。 問題が発生することなく最高の体験をしたい場合は、武器庫にいくつかの役立つヒントとコツが必要です. 以下のリストで、カヤックに行くときに覚えておくと便利なアドバイスを提供します。チェックしてください。

  • いつも持っていく ドライバッグ 携帯電話、財布、カメラなどの貴重品を保管するために使用できます
  • 最初の服が誤って濡れた場合に備えて、予備の乾いた服を持参してください。 これらの冒険では何が起こるかわかりません。
  • カヤックをするときは、綿を着用したり、綿のバッグなどを使用したりしないでください。 綿は優れた素材であり、着用することは通常かなり良い考えですが、水を吸収するため、カヤックが非常に困難になる可能性があります. 寒くて濡れたくない場合は、カヤックをするときに綿から離れてください
  • 衣服やバッグに関しては、耐腐食性のジッパーまたはファスナーを使用することをお勧めします。
  • 風の強い日にカヤックに行く予定がある場合は、パドリング グローブを持ってくると非常に便利です。 常にパドルが手から滑り落ちることに苦労する必要はなく、ボートをよりよくコントロールできます。
  • 風が強いときにカヤックをするときのもう XNUMX つの便利なヒントは、リップクリームを使うことです。 カサカサした唇が嫌なら、口紅やリップクリームで唇を風から守るのがマスト

私たちが提供するすべてのアドバイスを理解すれば、真のプロのようにカヤックをすることに何の問題もありません。 カヤックの冒険に初めて行く場合は、私たちが言ったことすべてに特に注意を払い、PFD と SPF の着用がこの冒険に不可欠である理由を理解してください. 後悔するよりは常に安全である方がよいので、旅行に向けて十分な準備をしてください。

結論

カヤックはとても楽しく楽しいものですが、リスクがないわけではありません。 そのため、発生する可能性のあるすべての問題に対処する準備ができている必要があるため、この旅に出る前にできるだけ多くのことを学ぶことが非常に重要です. この重要な情報をすべて収集することで、専門家のように発生する問題に対処する方法を正確に知ることができます.

幸いなことに、自分で情報を探すために何日も費やす必要はありません。 要約されたユーザーフレンドリーなガイドが手元にあることを確認しました! 私たちが提供するガイドに従うだけで、瞬く間に旅の準備が整います。