カヤックをルーフラックにストラップで固定する方法 – 安全で確実な輸送

カヤックには魔法があり、スリルと心を落ち着かせるスポーツです。 カヤックを所有すると、釣り、狩猟、キャンプなどのアウトドア アドベンチャーを充実させることから、単に地元の湖で静かにパドルを楽しむことまで、可能性の世界が広がります。

しかし、本当のことを言うと、カヤックを所有することはすべて順風満帆ではありません。 確かに、水を使ったアクティビティに興味がある人にとっては素晴らしい資産ですが、特有の課題も伴います。 長さ9フィート、幅32インチのものを置く場所を見つけようとしたことがありますか? それはリビングルームに小さなクジラを停めようとするようなものです。

Storage は氷山の一角にすぎません。 ガレージや小屋がない場合、カヤックは屋外の装飾品となり、常に手入れが必要になります。 そして、なんとか屋内に設置できる場所を見つけた場合は、壁や天井に適切に取り付ける方法を考える必要があります。

しかし、待ってください、まだあります! 本当の冒険は、カヤックを水上まで運ぼうとするときに始まります。 必要なのは車だけではありません。 パドリングボートを水辺まで安全に運ぶには、創意工夫と適切な装備が必要です。 そしてそれがこの記事のすべてです。

車を使ってカヤックを運ぶ

カヤックの輸送

カヤックと車を手に入れたら、水に飛び込む準備は完了です。 簡単ですよね? そんなに早くない! 運搬 カヤックはパズルを解くようなもので、ピースにはトレーラー、トラックの荷台、ラック システム、ルーフ ラックが含まれます。

トレーラーヒッチ

車が小さすぎる場合は、トレーラーヒッチを取り付けてカヤック専用のトレーラーを使用するのが最善の策かもしれません。 車にカヤックを運ぶ小さな尻尾を付けるようなものです。 ただし、トレーラーでの運転はまったく新しいスポーツであることに注意してください。 ターンを練習し、速度を落とす必要があります。 しかしまあ、これらの軽量トレーラーを使用すると、車のスタイルを窮屈にすることなく、XNUMX つまたは複数のカヤックを簡単に輸送できます。

トラックベッド

カヤックの運搬方法

ピックアップトラックを持っていますか? 素晴らしい! カヤックをストラップで固定できます。 トラックの荷台。 しっかりと固定されていることを確認し、サイズに注意してください。 場合によってはテールゲートを開いたままにする必要があり、後ろに傾けるのは禁物です。

ラックシステム

バンや RV に乗っている場合は、ラック システムの設置を検討してください。 それは、カヤックを運ぶために車にバックパックを与えるようなものです。 繰り返しになりますが、固定することが重要であり、これを実行するにはより大きな車両が必要になります。

ルーフラック

ルーフラック

最後になりましたが、ショーの主役、カヤックのルーフ ラックです。 カヤックを運ぶ一般的な方法ですが、課題がないわけではありません。 持ち上げたり、固定したり、それに慣れるのには時間がかかります。 あなたを助けてくれる仲間がいるのはいつも良いことです。

どの方法を選択する場合でも、安全が第一であることを忘れないでください。 カヤックが安全であること、車両がカヤックを扱えること、交通ルールをすべて遵守していることを確認してください。 場合によっては、貴重な貨物を目立つように赤旗を振ったり、ハザードランプを点滅させたりする必要があるかもしれません。

さまざまなタイプのカヤック ルーフ ラック

カヤックを手に入れたら、水に入る準備は完了です。 ちょっと待って! どうやってそこに持っていくつもりですか? カヤックのルーフラックの世界に入りましょう。 カヤックや車にさまざまな形やサイズがあるように、ルーフラックにもさまざまな形やサイズがあります。 信じてください、これは万能の状況ではありません。 さあ、詳しく見ていきましょう さまざまな種類のルーフラック、あなたの水上バイクや車両に最適なものを見つけることができます。

J型ラック

なぜ彼らがJスタイルラックと呼ぶのか疑問に思ったことはありますか? それはすべて形になっています。 これらのラックは「J」字型をしており、カヤックを船体で支えます。 小型車両に最適で、屋根のスペースを占有することなくカヤックを直立させて運ぶことができます。 さらに、複数のカヤックを通常の位置に取り付けることもできます。

サドルラック

サドルラックはJスタイルラックの親戚のようなものですが、より丸みを帯びた形状です。 船体全体でカヤックを保持し、パッドがぴったりとフィットします。 これらは J フックほど普及していない可能性があり、この XNUMX つはよく混同されますが、汎用性があり、さまざまなクロスバー システムで使用できます。

スタッカー

家族でパドルを漕ぐ計画をお持ちですか? スタッカーは頼りになります。 複数のカヤックを積み重ねることができるので、大規模なパーティーに最適です。 車の屋根に十分なスペースがあることを確認してください。 少なくとも大型のセダンかSUVが必要になります。

ローラー

ローラー

ローラーはソロカヤッカーの親友です。 上部にローラーが付いているので、カヤックの積み下ろしが簡単になり、すべて自分で行うことができます。 重いものを持ち上げるのが苦手な人にとって、ローラーはあなたの新しい親友になるかもしれません。

通常のクロスバー

クロスバーは、ルーフラックを車に接続するだけの場所ではありません。 それ自体がカヤックラックになる可能性があります。 これは型破りな作業であり、ストラップとロープの管理の達人である必要がありますが、車両にすでに工場出荷時に取り付けられたクロスバーが付いている場合は、他に何も必要ないかもしれません。

カヤックをルーフラックにストラップで固定する方法

ルーフ ラックを取り付けたら、出発の準備は完了です。 しかし、そのカヤックをしっかりとストラップで固定するにはどうすればよいでしょうか? 世界中で心配することなく水に向かうことができるように、段階的に説明してみましょう。

仕事のためのツール

ストラップ、パッド、バックル保護などの必需品が必要です。 安全なバックルが付いた耐久性のある素材で作られたカヤック専用のストラップを探してください。 フォームブロックのようなパッドはカヤックと車両の両方を保護し、バックルプロテクターはオプションですが、摩擦による損傷を防ぐことができます。

ステップバイステップガイド

カヤック

  1. それを持ち上げます: 助けを求めるか、カヤックの前端をクロスバーに立てかけ、カヤックを上にスライドさせます。
  2. 適切な位置に配置: カヤックを中央に置くと、重量が均等に分散されます。 パッドを追加して快適さと保護を強化します。
  3. 安全にしましょう: ストラップ、タイダウンロープ、またはバンジーコードを使用してカヤックを固定します。 カヤックのハンドルと排水プラグにストラップを通し、適切に締めます。 すべてがぴったりと合うまで、追加のストラップを十字パターンで繰り返します。
  4. 守ってください: 必要に応じて、摩擦を防ぐためにバックルプロテクターを使用してください。
  5. 確認してください: すべてをしっかりと動かし、定期的に点検してください。 必要に応じて調整して、すべてを所定の位置に保ちます。

よくある質問

ルーフラックなしでカヤックを輸送できますか?

特定のルーフ ラックを使用せずに、クロスバーだけを使用したり、パッドやストラップを使用したりして輸送することも可能ですが、一般的には推奨されません。 適切なルーフラックがないと、カヤックと車両の両方に損傷を与える危険があり、輸送の安全性が損なわれる可能性があります。

自分の車に適したルーフ ラックを選択するにはどうすればよいですか?

ルーフ ラックを選択するときは、カヤックのサイズと種類、車両のメーカーとモデル、カヤックを輸送する頻度を考慮してください。 専門家または専門販売店に相談すると、完璧なフィット感を見つけることができます。

カヤックを車の屋根に乗せて輸送することは合法ですか?

はい、車の屋根にカヤックを乗せて輸送することは合法ですが、大型アイテムの輸送に関して適用されるすべての法律と規制に従う必要があります。 これには、赤旗によるマーキングやハザードランプの使用が含まれる場合があります。

一度に何隻のカヤックを輸送できますか?

輸送できる数はラックの種類と車両の大きさによって異なります。 スタッカーなどの一部のラックは、複数の を保持できるように設計されています。 安全な輸送を確保するために、必ずメーカーのガイドラインを参照してください。

ルーフ ラックは自分で設置できますか? それとも専門家の助けを求めたほうがよいですか?

一部のルーフ ラックには、自分で取り付けるためのわかりやすい説明書が付属していますが、ラックを正しく安全に取り付けるためには、専門家の助けを求めてください。 不明な場合は、専門家に相談するのが最善です。

要約

カヤックの冒険に乗り出すのは爽快な体験ですが、カヤックを水辺に漕ぎ出すことがスリルの一部であってはなりません。 適切な知識と装備があれば、カヤックの輸送はスムーズでストレスのないプロセスになります。 さまざまな種類のルーフ ラックの理解からストラップの技術の習得に至るまで、情報に基づいてニーズに合った決定を下す準​​備が整いました。

一人でパドリングする場合でも、家族で遠出を計画している場合でも、あなたに合ったソリューションがあります。 パドルをつかんでカヤックを固定し、自信を持って水面へ向かいましょう。 波が待っています。あなたの冒険は車ですぐのところにあります。 楽しいカヤックを!

関連記事