フィッシングカヤックをひっくり返す練習が重要な理由

フィッシング カヤックをひっくり返す練習をする

現代の生活様式のプレッシャーは、忙しいスケジュールと、毎日私たちに起こるさまざまなストレスの多い状況を意味します. そのような世界では、私たち一人一人が人生を楽しく楽しいものにする何か、大変な一日の終わりに楽しみにできる何かを持っていることが重要です. あなたが深く関心を持っている活動は、多くの場合、悪い日だけでなく、丸 XNUMX 週間好転するのに十分です。

多くの人にとって、その活動は釣りです。 社会とそのすべての問題から離れて、野生で魚を捕まえて、平和と静けさを楽しみ、自然に驚嘆するより良い方法はありますか? 私たちが現在釣りとして知っている活動は、人々が何千年もの間、それほど変わっていません. 家族を養い、獲物を他人に売る漁師は、ミレニアル世代にとって社会に不可欠な存在でした。

おそらくツールとすべての 漁具 これにより、キャスティングと釣りの全体的な前提がはるかに簡単になります。 シンプルな時代は物事を行うためのより簡単な方法をもたらし、釣り人は今日それをうまくやっていると確信しています。

釣りはより簡単であるだけでなく、少なくともその場での行動や行動を知っていれば、より安全になります。 これは特に、カヤックで水上から釣りをする場合に当てはまります。

カヤックフィッシング

カヤックフィッシング

岸から釣りをするという古き良き方法に問題はほとんどありません。 それは永遠に魚を捕まえるための頼りになる形であり、これからもそうです. しかし、より深刻な釣り人は、それ以上のものを望んでいる、または必要としているように感じてしまいます. 最終的に、彼らは魚に近づき、水中にいたいという願いを抱くようになります。 というか、水上。

これは、ボートからの釣りの現在最も人気のある形式としてのカヤック釣りの出番です。 他の小さな船やボートでも十分ですが、漁師向けのカヤックから行うのに勝るものはありません。 釣り人が水上で過ごすために必要なすべてのマウント、スペース、機能、および仕様を備えています。

シットインサイドモデルでもシットオントップモデルでも、釣り人はあらゆる種類の機器とギアを取り付けて、一日中水上で過ごすことができます。

ただし、これらはすべて水上で行われるため、追加の安全対策を考慮する必要があります。 理由が何であれ、一人でボート旅行に行くときは、考えられるすべての結果に備えることが重要です。 漁師として、あなたはすでに慣れています ギアの整理 セットアップ全体を自宅で準備します。

カヤックでは、転覆して船外に落ちる可能性が常にあるため、物事はより困難です。 そのような状況で何をすべきかを知ることは、あなたの命を救う可能性があるため、実践する必要があります.

これが、カヤックをひっくり返す方法を練習し、水中で適切に行動することが重要である理由です. やり過ぎのように思える場合は、カヤックが実際にひっくり返ってデバイスに任せられたときに準備する唯一の方法であることを知っておいてください.

カヤックがひっくり返るのはいつ?

カヤックアドベンチャー

フィッシングカヤックは、出入りするとき、または立ち上がろうとしたときなどに動きすぎたときにひっくり返るのが最も一般的です。 もちろん、川や急流が速すぎたり、水中に障害物が多すぎたりすると、転覆することもあります。

強風も問題になる可能性がありますが、パドリング中や明らかな危険を真剣に受け止めていないときの悪ふざけのように、人的ミスによっても発生する可能性があります。

いずれにせよ、結果は常に同じです。 カヤックがひっくり返ったため、漁師は水に落ちました。 さて、カヤック自体が常に転覆するとは限りません。 それは正しい方向にとどまることができますが、完全にひっくり返ることもできます.

これは、釣り人が命を救うために泳ぐ必要があるときです。 ほとんどのギアはカヤックに固定されており、ある程度安全ですが、問題はありません。 あなたの命は最も貴重なものであり、まず安全であるべきです。

ありそうもない最悪のシナリオでは、漁師はカヤックとすべての装備を失いますが、少なくとも彼らは生き残ります。 絶対に避けたい悲惨な状況であるため、それに備えて助けることができる唯一のことは、制御された状況で意図的に空のカヤックをひっくり返すことです。

ほとんどの漁師は、浅瀬や海岸近くでこれを行います。 彼らは、立ったり、間違った方向にパドリングしたり、回転が速すぎたり、動きすぎたりするなど、あらゆる種類のシナリオを経験します。

習うより慣れろ

フリッピングが上手になるために練習しているわけではありませんが、どのように振る舞うべきか、そして予期せぬときにそれが起こった場合に何を期待できるかを知るために練習しています。 カヤックの横に水が入っている場合は、練習するのに適した状況です。

通常、釣り人にとって最大のショックは水温です。 小川、急流、川、さらには湖でさえ、私たちが予想するよりもはるかに寒く、最初のショックはパニックと方向感覚の喪失に十分です.

次に、救命胴衣の適切な着用方法と使用方法を学ぶ必要があります。 フリッピングの練習中は必ず持って、それをいつアクティブにするか、それを身に着けている間どのように振る舞うべきかを知ることができます.

文字通りあなたの命を救うためにそこにあることを忘れないでください。 もしそうなら、それがあなたが練習している理由であり、それが合っていること、そしてあなたが正しいモデルを持っていることを確認しています.

最大XNUMXWの出力を提供する 釣り人のニーズ カヤックとセットアップとのより深いつながりを持つために。 どのようにリグするかは、釣りから船外まで、あらゆる状況で理にかなっている必要があります。 水の中にいることに気付いた場合は、フリッピングの練習が役立ちます。

他の誰かを助けるために泳ぐことは、自分のカヤックをひっくり返すのに十分な理由であり、制御された方法でそれを行うので、他の漁師の命を救う際に心配する必要はありません.

関連記事