雨でもカヤックはできますか? – 嵐を生き抜く

人生には、常にやりたいと思っている特定の活動や経験があります。 何かに夢中になり、それを主な趣味と考えるだけで、明確に考えず、常にやりたいと思うだけで十分です。 明らかな危険や課題がなくても、楽しんでその喜びを追い求めることは、多くの場合、強すぎます。

これが、適切な注意を払い、安全性が可能な限り高いレベルであることを確認することが非常に普及している理由です. カヤックの場合、小さな船を出して水中を漕ぐことは、天候が騒乱や混乱を引き起こさなくても、すでに十分な危険と潜在的な困難な状況をもたらします.

あらゆる種類のボートに乗っているときに暴風雨に巻き込まれるのが怖いことは誰もが知っています。 船外または転覆の可能性のあるシナリオに関する無力感は強すぎて、頭の後ろに忍び寄ることはありません。 晴れた晴れた日 最も有能なクルーズ船で。 カヤックのような小さな漕ぎボートでは、ほんの少しの雨でも騒ぎを起こし、危険な状況につながる可能性があります。

この経験に参加することは現実的な可能性であり、楽しいことではないため、すべてのカヤッカーはそれを処理する方法を知る必要があります. 嵐を乗り切ることは、一日のほとんどではないにしても何時間も水上で魚を捕るカヤック漁師にとって特に重要です。 この記事の残りの部分では、雨の中でのカヤックが可能かどうか、可能であれば適切に行う方法について詳しく説明します。

それは可能であり、人々はそれを行っています

雨のカヤック

何よりもまず、すべての雨が同じというわけではなく、カヤックは多くの雨の状況で安全な場所になることができます. 季節限定の軽い雨や、実際には重すぎると思われる短い夏のにわか雨でさえ、カヤックには敵いませんが、それに応じて行動する必要があります。

あなたができる最悪のこと 釣りカヤック 雨が降り始めるとパニックです。 確かに、いつ止まるか、どれだけ荒くなるかはわかりません。 事前に天気予報をチェックしていたとしても、予想以上に重くてびっくりすることもあります。 ただし、冷静さを保つことが重要です。そうしないと、正しい方法で反応することができなくなります。

雨の中で、特に嵐の中でカヤックをするときの重要なことは、自分自身、つまり衣服を守ることです。 あなたの他のギアは、防水の密閉されたハッチに入れるか、カヤックの上に置きますが防水です. 釣り用なので雨が降っても問題ありません。 一方、あなたは暖かく、できるだけ乾燥していなければなりません.

嵐の中でもドライで暖かい滞在

レイン

嵐を正しく乗り切るためには、雨具は必須です。 完全に元気なら家に帰る必要がないので、それを待ってカヤックを続けることは究極の勝利です. ここでは、全身を覆うレインコートが最も安全な方法です。通常のスローオンよりも頑丈な適切な釣り用レインコートが望ましいです。

カヤックをしているときに雨が降ることがわかっている場合は、別の衣服を持参し、水が湿らない場所に保管してください。 雨が止んだら、濡れたら着替えるだけ。 いずれにせよ、着替えるために常に別の衣服を持参する必要があります。 新作のアンダーシャツ、シャツ、パンツ、アンダーウェア、ソックス。

本当の問題は、雨が降っている間も寒く、風が吹いているときに始まります。 そんな時はレインコートの下にウィンドブレーカーを着て体を守りましょう。しかし、ここでは防水性のカヤック スカートを着用すると、股間、脚、足に水が浸入するのを防ぐことができます。

救命胴衣とヘルメット

このXNUMX枚の 安全装置 嵐が発生したときの重要なサバイバル ギアになります。 うまくいけば、嵐の残りの間、そこにとどまるでしょうが、水中にいることに気付いた場合、命を救い、より簡単に泳ぐことができるようになります.

明らかに、ヘルメットは、嵐の際に水中に存在する可能性のある岩、木材、およびさまざまな破片にドームがぶつかるのを防ぎます. カヤックは強風や大雨でバランスを崩し、ちょっとした動きでもひっくり返って水中に沈んでしまうことがあります。 これは、救命胴衣がその名前の意味を示す場所です。

カヤックの傘とキャノピー

カヤック用傘

カヤックは、多くのホルダーやマウントに取り付けることができる機器に関しては非常に用途が広いです。 フィッシングリグ ダッシュボードのガジェットと同様に、カップは通常のものです。 ただし、嵐の中では、あらゆるカバーが役立つので、カヤックの傘やキャノピーに投資する必要があります.

それらは通常、座席エリア全体をカバーし、雨水があなたに落ちないように十分な角度になっています. カヤックの周りを完全に閉じて、繭のような体験を提供するものもあります. これは、カヤックで暴風雨を乗り切るための究極のソリューションです。 もちろん、上記のすべても必要です。

アンカーシステム

最後に大事なことを言い忘れましたが、頻繁な雨のセッションに耐えるつもりなら、カヤックにアンカーシステムを装備する必要があります. 雨は通常、風を伴い、その時点で嵐と見なされます。 水上での風の強い状況は、あなたが望む場所から遠く離れて漂流することを意味し、パドリングはあなたに向かって来る激しい突風と戦うのに必ずしも十分ではありません.

遠くに飛ばされたり、岩にぶつかったり、湖や川の反対側に飛ばされたりしないように、アンカーはその場にとどまるのに役立ちます。 カヤックに取り付けて取り付けることができるアンカーにはさまざまな種類があります。 万が一に備えて入手しておくのは賢い選択です。 天気が良いときでも、必要なときに所定の位置に座っていることを確認するために使用できます。

1